タスクバーが消えた!?表示されない場合の対処法

Tagged:

- スポンサーサイト -

タスクバーが表示されなくなりました。
カーソルを合わせると表示されるのですが常時表示しておきたいです。
Windows 10 にはタスクバーを自動的に隠す機能があります。
意図せず非表示になってしまった場合は、この機能をオフにすることで常時表示することが可能です。

- スポンサーサイト -

タスクバーの設定

タスクバーの表示設定はWindowsの設定から変更可能です。
表示/非表示のほか、タスクバーのアイコンサイズ変更なども可能です。

スタートアップフォルダーにアプリを追加する

個人用設定

Windowsの設定から個人用設定を選択します。


タスクバーの設定

個人用設定を開いたらサイドメニューからタスクバーを選択します。
デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠すオフにするとタスクバーは常時表示されます。
タブレットモードを使用している時は、タブレットモードでタスクバーを自動的に隠すオフにするとタスクバーは常時表示されます。

その他のタスクバーの設定

タスクバーの設定

タスクバーの表示切り替え以外にも下記のような設定が可能です。

  • 小さいタスクバーボタンを使う
    ‥タスクバーボタンのサイズを小さくします
  • タスクバーボタンにバッジを表示
    ‥バッジの表示切り替えます(メールなどのバッジ対応アプリケーション)
  • 画面上のタスクバーの位置
    ‥タスクバーの位置を上下左右に変更します
  • タスクバーボタンを結合する
    ‥アプリケーションのラベル表示/非表示切り替えます
【PR】パソコンサポート

会員制パソコンサポートでは月額324円でさまざまなサポートを受けることが可能です。
データ保護修理・データバックアップ・ウイルス診断/駆除・インターネットトラブル・起動不良トラブル・動作不良トラブル・ハードディスク(HDD)修理・etc...

会員制パソコンサポート(外部サイト)