訃報の意味と読み方・使い方。メールの文例やマナー

社会人になるとよく「訃報」という字を目にするのではないでしょうか。

この記事では訃報の意味や読み方、具体的な使い方、メールでの文例やマナーなどについて解説します。

訃報の読み方

訃報とは

読み方訃報の読み方は「ふほう」です。

訃報は訃の中に「ト」が入っているので「とほう」と読む人が多いですが、「ふほう」と読みます。

以前アナウンサーが訃報を「とほう」と読んで話題になりましたが、アナウンサーが間違えるくらい訃報の読み方は間違えやすいと言えます。

意 味訃報の意味は、人がなくなったことを知らせる「死去のお知らせ」です。

訃報の内容は個人の名前や年齢、喪主、葬儀場などの情報が届きます。訃報は人が亡くなった時にだけ使える言葉です。

訃報とよく似た言葉に悲報がありますが、それと混同しないように注意しましょう。

昔は自宅で通夜や葬儀を行うことが多かったですが、最近は葬儀場などを利用することが多いため、訃報は通夜や葬儀場を知るための大切なツールとして使用されています。

訃報の使い方

訃報の使い方は、例えば親族などが亡くなって電話や電報で知らせが届いた時に「訃報が届いた」と言います。

また友人が亡くなってそれを人に伝える時には「友の突然の訃報に」と使用します。

他にも

  • 自分に届いた訃報
  • 親族の訃報を知らせるはがきを郵送した

などとして訃報を使うことが多いです。

訃報は近親者や知人が亡くなった時に使用される以外にも、テレビ報道などで芸能人が亡くなった時によく使用されます。

メールの文例

訃報を伝えるためのメールは、故人とどんな関係であるかによってそれぞれ異なります。

恩師が亡くなったことを同級生や同窓生に知らせる

例えば恩師が亡くなったことを同級生や同窓生に知らせる場合には下記のような感じでメールをを送るようにしましょう。

「私達の恩師である○○○〇先生が、○○○の為、〇月〇日〇時〇分、享年〇〇歳で永眠されました。誠に痛恨の情にたえません。通夜及び葬儀は下記により執り行われますので、先生のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。」

恩師の訃報を関係者に送る時のポイントは、遠方に住んでいる場合もあるので、早めに知らせることです。

また通夜や葬儀に来れない人のために、弔電を送るための情報を添えてあげるといいでしょう。

恩師の訃報を知らせるメールは、このメール文書を利用して他の同級生や同窓生に連絡することも考えられるので、誰に送っても失礼のない内容にすることが大切です。

同級生や同窓生、友人の訃報

同級生や同窓生、友人の訃報を知らせる場合のメールの文例は下記の通りです。「私達の同級生、〇○○○君が、〇〇〇〇の為、〇月〇日〇時〇分、〇〇歳の若さで永眠されました。

誠に痛恨の情にたえません。通夜及び葬儀、告別式は下記により執り行われますので、故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。」

恩師の訃報を送る場合と同様に、同級生や同窓生、友人の訃報の場合もメールを受け取った人がその文面を利用して他の人に知らせる場合があるので、誰が見ても失礼のない文面にすることがポイントになります。

家族の死亡を関係者へ連絡する

家族の死亡を関係者へ連絡する時の文例は下記の通りです。

「父〇〇〇〇儀長らく病気療養中のところ薬石効なく〇月〇日〇時〇分逝去いたしました。ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます。追って、通夜及び葬儀、告別式は下記の通り仏式(神式、キリスト教、無宗教形式等)にて執り行います。」

以前は家族が亡くなった際にはまず電話連絡をして、通夜や告別式の連絡は決まってから追ってその旨を知らせることが主流でしたが、最近ではメール連絡も行うことが多くなりました。

最近は通夜や葬儀、告別式の日程が以前よりも早い傾向にあるので、メールは有効であるといえます。

しかし年配の方だとメールに抵抗感がある方もいるので、お世話になった方には電話で連絡するようにしましょう。

訃報をもらった時の返信

訃報をもらった時の返信の文例は下記の通りです。

「このたびはお身内にご不幸があったと伺い、驚いています。〇〇様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。直接お目にかかり、お悔やみを申し上げたいところではございますが、略儀ながらメールで失礼いたします。」

訃報のマナー

インターネットが普及している現代では、メールで訃報を出すことも可能です。

訃報は急を要する場合が多いので、メールで知らせるのは失礼には当たりませんが、遺族やお世話になった方には電話や電報などで知らせるのが丁寧です。

訃報を送る際には、あらかじめ訃報を伝える範囲を明確にすることがポイントになります。

訃報を送る主な相手は、親族や近親者、故人の友人や知人、遺族の関係者などです。

まとめ

  • 訃報は「ふほう」と読む
  • 訃報の意味は人がなくなったことを知らせる「死去のお知らせ」
  • メールで訃報を知らせることはマナー違反ではない
  • 遺族やお世話になった方には電話や電報などで知らせるのが丁寧
タイトルとURLをコピーしました