瓦解の意味と読み方・使い方。類語や例文

瓦解という言葉を聞いたことはありますか?

普段なかなか使う機会が少ない言葉かもしれません。

この記事では瓦解の読み方や意味、使い方や例文、類語について解説します。

瓦解の意味と読み方、その成り立ちについて

瓦解とは

読み方がかい

瓦解の読み方は「げかい」とよく誤解されていますが、正確な読み方は「がかい」です。

意 味瓦解とは一部の乱れから組織全体が崩れてしまったり、一部の欠損からすべてが駄目になってしまうという意味です。

これは瓦解の「瓦」が粘土を素焼きにしたものや瓦そのものを意味している点と、「解」が一つにまとまったものがバラバラになることや解きほぐす、解き分けるという意味を持っている点がポイントです。

瓦解の成り立ち

実は瓦解の成り立ちは、夏目漱石の作品の一つである坊ちゃんで使われるようになったことが始まりだと言われています。そして当時の日本ではよく用いられていた瓦屋根がモチーフとなっています。

瓦屋根は瓦を綺麗に重ねることで強固な造りにすることができる反面、一部が崩れてしまうと余勢でほかの瓦も崩れてしまいます。

このような点から、どんなに強固な組織や作りのものであっても一部が崩れてしまうとその勢いでほかの部分を巻き込んで全てが駄目になってしまう意味で瓦解という単語が生まれたとされています。

瓦解の使い方と例文

瓦解の使い方としては、その意味からある一部の乱れや破れ目が原因で組織全体または何らかの秩序あるものが壊れてしまう時に用いられていますよね。

ただここで間違って使ってしまうポイントとして、どのようなものが壊れてしまっても瓦解が使えるというわけではない点です。

実は瓦解が対象としている壊れるものはあくまで組織であり、それ以外のものが壊れてしまう場合には類語などの別の単語を用いる必要があります。

ちなみに組織とは、具体的にチームや団体などの規模の小さいものから国規模の大きなものまで含まれています。

そのため、あくまでも瓦解は人間で構成されている組織や秩序のあるものが対象である点を理解しておかなければいけません。

例文
  • 大きな不祥事が原因で会社が瓦解する
  • 夫の浮気で家庭が瓦解するかもしれない

瓦解の四字熟語

ほかにも瓦解の使い方として、いくつかの四字熟語が挙げられています。

例えば類語を組み合わせた「瓦解崩壊(がかいほうかい)」は、物事が根本から崩壊してしまった結果手の施しようがなくなってしまった状態を意味します。

同じような意味として「土崩瓦解(どほうがかい)」という四文字熟語もありますし、氷が溶けてなくなるように物事が跡形もなく消え去ってしまう「氷消瓦解(ひょうしょうがかい)」もあるようです。

瓦解の類語について

瓦解と似た意味を持つ類語として、破滅や破綻、崩落や壊滅などが挙げられています。

破壊

「破壊」は破れ滅びることを意味している単語で、人格や家、国家などが成り立たなくなることを指しています。

そのため瓦解と比較するとスケールが大きくなることが多いほか、一部の乱れや破れ目からではなく突然壊れていくケースが多い点が特徴です。

破綻

また「破綻」は破壊同様に破れ滅びることを意味しているほか、どのようなものでも成り立たなくなることを意味していることから破壊よりも広範囲に使用できる単語となっています。

崩落

「崩落」は崩れ落ちることや相場が急激に下落することを意味しています。

壊滅

「壊滅」は破れ滅びること・壊れてなくなることを意味しています。

このようにいずれも最終的に崩れ去ってしまう部分は瓦解と類似しているものの、そのきっかけとなるものや対象となるものが異なっているようです。

それ以外の類語としては「総崩れ」や「ばらばら」、「倒壊」、「全壊」なども挙げられていますが、いずれも人だけではなく物も該当している点が瓦解とは異なります。

瓦解を使用する際の注意点

瓦解を使用する際の注意点として挙げられているのが、瓦解の対象となるものが限定されている点です。

瓦解はその意味からチームや団体、国などの人が集まったある程度の秩序を持った組織を対象としているため、建造物や自然などの組織以外のものには使うことができません。

このため「建物が瓦解した」は誤用であり、建造物であれば「建物が崩壊した」、「建物が全壊した」などの類語を使用する必要があります。

また一部の乱れや破れ目から全体が壊れていく様子を表しているので、破壊や破綻のように突然組織が崩れてしまった場合や一気に全体が壊れてしまった場合にも利用できないとされています。

ちなみに瓦解の類語は対象となるものが幅広いものが多いことから、瓦解の代用として利用することができます。

そのため「組織が瓦解した」を「組織が崩壊した」と言い換えることもできるのです。ただし類語によっては、組織と建物のどちらが壊れたのか意味合いが異なっている場合もあるので注意が必要です。

まとめ

  • 瓦解は「がかい」と読む
  • 瓦解の意味は一部の乱れから組織全体が崩れてしまったり、一部の欠損からすべてが駄目になってしまう
  • 瓦解の類語は破滅や破綻、崩落や壊滅など
タイトルとURLをコピーしました