「遺憾」の意味と使い方。例文と類義語・対義語・英語など

「遺憾」という言葉をご存知でしょうか?ニュースや新聞の中で目にすることのある言葉です。とはいえ、あまり日常的に使用する言葉ではないことから、ニュアンスは何となくわかるけれど、詳しい意味について知らないという人も多いでしょう。

この記事では「遺憾」の意味と正しい使い方、間違った使い方、さらに類義語や対義語、英語表現などについて解説します。

遺憾の言葉の意味

読み方いかん

意 味遺憾とは思い通りにいかずに心残りがある・残念

一般的に謝罪会見、相手に対する気持ちを述べる時などで使用されることが多いですが、意味合いからもわかるように遺憾には怒りや謝罪の感情は含まれていません。

「遺」「憾」それぞれの言葉を切り取って説明をすると

  • 遺‥残す、忘れる
  • 憾‥うらみ

この二つが合わさることで「心残り・残念」といった意味となります。

遺憾を使う上での正しいシチュエーション

前述したように遺憾には心残り、残念と意味があることから、自分自身の努力に対してや相手を非難するとき時の言葉として用いるのが正しいとされています。

例文
  • 会社から信頼をされる形で責任あるポストを任されたにも関わらず、努力が足りずに結果を出すことができずにまことに遺憾です。
  • ○○の行動によって問題が起きてしまったことに対して非常に遺憾に感じています。

国会議員が外交問題で外国の発言や行動に対して、非難や抗議をする時に遺憾という言葉を使っているのを耳にしたことがある人もいるかもしれません。この言葉の使い回しはいくつかあるのが特徴です。

先ほど述べた基本的な遺憾です以外では、

  • 遺憾ながら
  • 遺憾に堪えない

という使い方をすることも多く、悔やしい感情を抑えることができないというように強く強調する形になります。

意外と知られていない間違った遺憾の使い方

世の中には遺憾という言葉の意味を理解せずに間違ったシチュエーションで使用してしまう人も多くいます。

中でも特に多いとされるのが謝罪お詫びをするシーンでの活用です。

謝罪に遺憾という単語を含めると、ニュアンスや漢字の組み合わせによって一見強く反省しているような印象を受けます。

遺憾は心残り、残念という意味合いの言葉なので謝罪とは無関係で、使い方次第では逆に謝罪の意志がないと取られてしまうこともあるので注意が必要です。

自分に直接責任がない問題について、管理責任を問われる立場で謝罪をする場合に使用すること自体は間違っていません。

しかし、こういったシチュエーションで使うのであれば、しっかりと謝罪の言葉を述べることが前提となります。

四字熟語としての活用法

日本には古くから言葉の意味を簡潔に表現したり伝える手段として四字熟語が使われています。

この四字熟語の中には遺憾を使った物もあって、その一つが遺憾千万です。

千万とは、文字通り数の多さを表す言葉でこの上ない、はなはだしいといった意味合いになります。

他の単語と組み合わせるとより強調するさせることができることから、遺憾千万は残念に思っている気持ちが非常に強いことを伝える時に使用するのが正解です。

この四字熟語に似た物として残念至極無念千万などがありますが、これらも遺憾千万と同様に非常に残念という意味合いになります。

遺憾の類義語、対義語

日本語には似ていたり反対の意味を持つ言葉があります。

類義語

類義語と呼ばれる似たような言葉の代表的な物として挙げられるのが、遺憾の意味にも含まれている

  • 残念
  • 無念

です。

この2つは結果に満足がいかずに物足りなさを感じる、悔やまれるという意味で、日常生活で比較的多く使用されることから、遺憾に比べて言葉に親しみやすさを感じる人もいるかもしれません。

そのほかにも、

  • 気の毒
  • 心残り

といった言葉もあります。

これらは相手の立場や状況に対して使われることもありますが、本来は自身の心に苦痛を感じたり腹立たしく思う時に使う言葉です。そのため、悔しい気持ちが残るという部分で同義語として扱われます。

対義語

一方反対の意味を持つのが対義語です。遺憾の対義語として使われることも多いのが満足です。文字通り自分の希望が満ち足りて不満が全くない状態を意味しています。

そのほか

  • 歓喜(喜びを表現する)
  • 本望(望みが達成した時)

といった単語も対義語です。

英語表現として使う場合の一例

遺憾という言葉を英語で使用する場合、残念に思うという意味合いから動詞の「regret」を使用するのが一般的とされています。

中には残念という単語のpityと混同してしまっている人もいますが、pityは弱い立場の人に同情する意味で使われることから、遺憾とは若干ニュアンスが異なるので注意が必要です。

そのため、トラブルや問題が起きた時に英語で謝罪をする時は後悔の念を伝えるためにregret、もしくは形容詞形のregrettableを用いるのが最適と言えます。

まとめ

  • 遺憾は思い通りにいかずに心残りがある・残念という意味
  • 謝罪の意味ではない
  • 類義語は残念・無念・心残りなど
  • 対義語は歓喜・本望など
  • 英語では一般的に「regret」
タイトルとURLをコピーしました